世界の教養365

現象と実在。

これは一体どういうことか。

 

これは哲学の話である。

 

もともと哲学では、古代から物事の本質は、目に見えているものとは全く異なるところに ...

世界の教養365

当たり前の話だが、音楽と雑音は別物だ。

日常の雑音と、意味付けがされた音の集まりの区別をきちんと付けておかないと、音楽を理解していくことができないのだ。

音楽の構成要素

ちなみに、音楽の構成要素は、以下3つに分け ...

世界の教養365

クローンといえば、採取した細胞を元にその生命体を完全に複製できる技術のことだ。

 

つい最近の技術であるが、人類史の中で最初の成功例として名を挙げた生物は、ドリーという名の羊だったのだ。

...

世界の教養365

世界最古の芸術作品ってなに?

現在発見されている中で、最古の芸術作品ってなんだと思う?

 

実はそれこそがラスコー洞窟の壁画だ。

発見の経緯

フランスのとある洞窟に、1940年に少年がたまたま ...

世界の教養365

20世紀の英語小説の中で最高なものってなんだと思う?

『ユリシーズ』を簡単に紹介なにそれ?

『世界の教養365』の本の中では、ジェイムズ・ジョイス氏が書いた『ユリシーズ』だと言われている。

この本は、遥か昔に書か ...

世界の教養365

時は紀元前2000年まで遡る。

古代エジプトの国々は、戦争で勝った際、敵兵を自国の奴隷としていた時代だ。

 

ここに一つ、重大な問題があった。

言葉が通じないのだ。

世界の教養365

みんなは、『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365』という本をご存知だろうか?

本屋さんに行くと、必ず目につくところに置いてあるような本だ。

どんな本か?

その内容は簡単。

世界の教養:つま ...