【YouTube】サムネイル作りの苦悩と工夫とコツ

この警察VSストリートレーサーの動画のサムネイル、実は無茶苦茶苦労して作り上げたので、その制作秘話的な話をしようと思う。

サムネイル作りは直感的かつシンプル。

まず、サムネイル用の画像を撮る。

というかスクリーンショットをトリミングするだけなんだが。

これに、文字とか集中線とかたまに記号を入れて、効果的にザバっと仕上げる。

文字はグラデーションと縁(外側と内側)の3レイヤー使うことが多い。

全体のバランスや動画のアピールポイントを考えつつ、直感を頼りに作っていく。

はいこんな感じ。

いつもはこれで終わるのですが、今回はなんか見栄えが悪いしダサい。

文字がごちゃごちゃしすぎでアンバランス。

 

今回ばかりは気に食わなかったので、まず悪目立ちしてた「点」を整えてみた。

こんな感じ。

ブロック数が減って画像の情報量が減れば明快になると思ったのだ。

しかしなんかダメ。

「もう点」っていう文字列がなんか違う。

 

と思ったので新しいのを考えた。

「逃げ足速すぎ!」である。

そして、走り屋の位置を視覚的に示すため〇で囲い、集中線で視線を集めるような工夫をしてみた。

まあまあインパクトがついてマシになったかもしれんが、やっぱなんか違う。

集中線が左半分だけで警察が浮いてるし、文字もまだごちゃごちゃしていて向きやサイズに整合性がない。

 

いっそのこと警察の文字いらないんじゃね?

って思ってなくしてみた。

集中線も悪目立ちするのでいつも通り外から囲うスタイルに戻す。

「点になってる」って書いておけばええやろ。

なんて思った結果上のようになったのだが、今度は何がなんだか分からない。

 

文字を減らして、ストリートレーサーと警察を分かりやすくするために〇を活かしつつ改良。

できた。

対比や全体のバランス、構図など、遥かにマシになったと思う。

 

いつもこんな感じであれこれ工夫しているのだ。